HAPPY SAD / Sound Designer

HAPPY SAD

サウンドデザイン、作曲作詞、歌、楽器演奏、アレンジ、録音、ミックスまで一人で行うというスタイルで活動するシンガーソングライター / サウンドクリエイター。

ジャンルや年代を問わない雑食な音楽性と、古典文学・芸術への愛情を持つ。生楽器の持つアコースティックな響きと、打ち込みを混ぜ合わせた 独特の楽曲達は人間の持つ心象風景を描いています。

Sound Designer

サウンドクリエイターとしては 映像作品やゲーム作品等、多岐に渡りBGM / SE / MAの制作を中心に行っています。

HAPPY SADへのコメント

「これはいいですね。つぼにはまりました。曲も歌詞もアレンジもボーカルもグッドです。」                

村松 邦夫 氏 (シュガーベイブ)


「すばらしいです。こういう人が一人で打ち込みで音を創らなくては ならない時代というのが悲しいですね。」

安部 隆雄 氏 (バービーボーイズ、子供ばんど)


「60年代ロックシーンの香りを感じさせる 人間性豊かなマイルドな性格が曲中に現れている。」              

河野 和彦 氏 (ボイストレーナー、日本作曲家協会会員)


「HAPPY SADが描き出す追憶の情景は、違った明日を予感させてくれる。」

Jeffrey yamada 氏 (音楽ライター、翻訳者)


「こういう雑食系のポップス職人が出てくるたびに、とりあえずその技術に圧倒されてしまうケースが多いのですが、彼の場合、技術云々より先に(いや、技術もすごいのですが)ツボを突いたメロディーセンスに耳を奪われてしまいました。」              

行 達也 氏 (mona records / ルルルルズ)