Wired

雑誌Wiredの編集長さんの独演会がある、
というのを人から聞いて、観に行きました。

今回の号は、
アデルやエイミー・ワインハウスを輩出した学校、
ブリット・スクールの特集。

その子の才能ではなく、優しさを大切にする方針、
というのが心に残りました。

昔、ナチスに反対した一人の教育者がいて、
彼がナチスに処刑される前に、娘に残した手紙を
編集長さんが引用していたのだけど、すごくいいなって思いました。

「いつでも人には親切にしなさい。
助けたり与えたりする必要のある人たちに
そうすることが、人生でいちばん大事なことです。
だんだん自分が強くなり、
楽しいこともどんどん増えてきて、
いっぱい勉強するようになると、
それだけ人びとを助けることができるように
なるのです。
これから頑張ってね、さようなら。お父さんより」

話の中で特徴的だったのは、

「人とは何か」という人文知、が欠如しているものの上に

つくられるものへの疑問。

「それはなんのために行うのか」という目的が

最初から失われているようなことへの疑問。

こういう話をしてくれる人と出会うのは久しぶりで、

とても面白かった。

まだまだ面白いことを探したり、見つけたり

していかなければいけないと思いますね。

Posted in

コメントを残す