少し前に島へ行ってきました。

浜辺に座っているだけで禅な感じで、

身体の力が完全に抜けきって、いい塩梅でした。

まだ自分の一生の旅は始まっていない気がします。

この先また、目に見えている風景が

とても大きく変わるような、そんな気がするんですね。

人間の常識感は、

過去に教わってきた偏見の総称みたいなもので、

心の広さや狭さを目にすると、それを感じます。

得とか損とか、景気よく振舞うこと、

そういうことが行動の目的にすり替わり、

それが正しいことであるかのように話す人もいるんだけど、

いつもすごく違和感があります。

そんなこととは無縁に、

素朴に生きている生き物や人の姿が魅力的に見えたりします。

ヘルマン・ヘッセの著作にお釈迦さんをテーマにした

「シッダルタ」という作品があるんですが、

これは、修行僧である主人公が色んな体験をするお話。

修行僧なので、禁欲生活を送るわけだけど、

自分の育ってきた価値観と正反対の場で、

とても欲望にまみれた生活も体験する。

あらゆるものごとは対極的だから、

両側を見た上で自分を中庸に置かなければ、

純粋な目で物事を見ることは出来ない。

そんな彼が作中でとても心打たれるのが、

舟渡をしながら素朴な生活を送る人物。

舟渡の無理のなく、自然体な生き方に感服するシーンがあります。

この物語はヘッセ自身の生活も、考え方も

多分に反映されている作品の一つと言われているんですが、

なんか、ここにいると、そういうことが思い出されました。

人間の快感原則は、肯定感の感じる場所に向かうこと。

不快を感じる場所から遠ざかる。

これは真理な気がします。

本当にあらゆることは、それだけなのかも知れません。

Posted in

コメントを残す